くるめ少年少女発明クラブ
                               

令和4年度 第4回くるめ少年少女発明クラブ   久留米工業大学見学会

 
 今日はここ久留米工業大学で、麻生教授から『航空宇宙の最先端の話』を伺います。
 

 飛行機の未来、日本の航空技術、ロケットの歴史、宇宙ステーション、月や火星への移住のお話しをしてきました。
 そもそも飛行機はなぜ飛べると思いますか?
 小型の風洞実験装置です!
 スイッチを入れて、つまみを回してみてください!
「風が流れてきました!」
「翼の形の模型が浮き上がってる!」
 風の強さを変えてみてごらん!
「翼の形の模型が上下しているのが見える。風が弱いと落ちてくるし、強くすると上昇するんだ。」
 ファントムのジェットエンジンは、後で見に行きましょう!
 これから紙飛行機の制作をします。材料はそろっていますか?
 「飛行機の頭を重くするんだ!紙を本体に4枚も貼り付けるんだ!きちんと揃えて重ねなくちゃ!」
 「紙飛行機だから折り紙のように造ると思っていたら、ハサミを使って切り取り、のり付けして造るんだ!」「ていねいにしなくちゃ!」
 「けっこう長い時間飛んでるー」
 「私のは直ぐに曲がって落っこちる!」
 「紙の翼の曲がりを修正してみよう?バランスは?」
 これがファントムの胴体にあるエンジン2機のうちの1台です!
 「けっこうでかいなー!」
 「部品が多いなー!」
 空気の取り入れ口には何枚ものファンがあり圧縮され、ここで燃料が燃やされます!
 この操縦かんを動かすよ!機体のどこが動くか探してごらん!
 この機体で大学のグラウンドを飛んだ小学生がいるんですよ!
 「私も乗って飛びたいナー!」
 エンジンも見てみましょう!
「飛行機のエンジンを初めて見ました!面白い形ですね!」
 9/3〜9/4はシティプラザの広場に、ここの機体を飾るからまた見に来てくださいね!「はーい!」
 将来の仕事について考えていますか?失敗を恐れず仲間を信じてね。チームワークが大切です!
 君たちの今後の活躍を応援しています!
 「ありがとうございました!」
 次回は9月10日です。宿題を覚えていますか?未来のことやあったらいいなと思うものを画用紙に描けましたか?
 下絵がすんだ人いますか?「はーい!」次回持ってきてくださいね!では今日の活動は終わります!気をつけて!

前のページへ戻る
久留米市生涯学習情報提供サイト えーるネット