くるめ少年少女発明クラブ
                               

令和4年度くるめ少年少女発明クラブ第1回  開講式

 皆さんようこそ発明クラブへ!
 くるめ少年少女発明クラブは2004年にスタートし今年で18年目になります。
 この間400人以上の先輩たちが巣立っていきました。
 久留米からノーベル賞受賞者が出ることを目標に、これから楽しく学んでいきましょう!

 今日は、はんだ付けができるようになってもらいますよ!
 「この柔らかい金属がハンダか?どうなるのかなー?」
 はんだごては、電気を流すと熱くなるので、まずイメージで練習しますよ。
 今日作るのは、オルゴールごまです。完成したものを見せますね。
「うわー、音楽も聞こえてくる!しかも光ってる!」「すごい!」
しっかりと説明は聞いてくださいね!全員が完成目指すよ!
「楽しそうー!」「頑張らなきゃ!」
「部品の取り付けはこれでいいかなー?」
「はんだ付けをしていくんだなー、よし!がんばろう!」
「はんだ付けはうまくできました。あとは、部品の足を切り取らなくちゃ!切ったものが目に入らないよう安全眼鏡をかけてっと。」
「ちゃんとできました!嬉しいです!持ち帰って長く回るよう練習してみます。」「はんだ付けも、楽しかったです。もっとやってみたいです」「友達ができました!」・・・などの感想が
 質問にお答えしますね!遠心力ってわかるかな?その力が働いて、ピンに金属の板がくっつき電気が流れているんだよ!
 それからこまを、長い時間回すにはね、みんな自動車のタイヤじっくり見たことあるかなー・・・
 連絡でーす!科学館からの案内や発明クラブニュースを持って帰ってくださいね。 
 次回の案内も入れています。また元気に来てくださいね!
 「はーい!」  
 オルゴールごまの完成品です!
クラブ員は重心の考え方に興味を持ったようでした。
 長い時間回るように、持ち帰った後、各家庭で工夫をしてくれたのではと期待しています。

前のページへ戻る
久留米市生涯学習情報提供サイト えーるネット