久留米山の会

2022.05.14若杉山:三郡山:宝満山縦走

天候不順が続いた週末の皐月14日、どんよりした朝でしたが無事実行できました。
久留米、博多、そして福北ゆたか線に乗り換えて、篠栗駅下車。
登山口のある若杉楽園キャンプ場まで、タクシーをつかいます。
昨今のキャンプブームで、テントが多数みられまいた。
登山道に入ると、沢蟹の出迎えを受けます。杉の葉に隠れているので踏みつぶさんごつ、気づかいしました。
早朝までの雨で、樹木、道は相当に水分を含んでいます。濡れた山道では、落葉が滑り止めに役に立つます。ただ、杉の葉を踏みつけるのは安全ですが、ブナ類の落葉の重なりは滑りやすく、濡れた岩同様に油断禁物でした。
歩き始め時間は08:26、まずは若杉山681mを09:08に過ぎて、道は下りショウケ越え、ここまでは杉林の中を歩く。鬼岩谷との名の付く頂き773mを過ぎる頃は、
ブナ類などの喬木に変わります。頭上は、青葉、若葉に覆われてお空、見晴らしは少ない。
砥石山828m10:53着き、早い昼食休憩。英気を養い、前砥石805mを過ぎて、
最後のきつい急坂をのぼると、最高峰の三郡山935m12:40、土曜日なのに人気なし。仏頂山869mから、最後の宝満山829m14:03。
疲れた脚を気遣いながら、正面参道石段をくだり、膝がわらうことなく、無事竈門神社到着。
約8時間の距離は14km、登り1100m、下り1300m
計画時間を1時間短縮。
眺望は悪かったけど、同行4人、歩き通した気力に満足の縦走
付属で、大宰府駅の脇のうどん屋で、うどんは食べずに生ビールにて祝杯。
交通機関を使うと、こんな楽しみが味合われます。

楽園キャンプ場入り口駐車場
沢蟹が道路に這い出しています。
ガンづけを思い出します。
最初の頂き、若杉山。
標識を見過ごすと、気がつかないで
通過しそう
遠くに目指す、三郡の姿がぼんやり
ショウケ峠の橋は、通行禁止。
よって、この道路まで、下り、上る今日。
噂話では、この橋の施行者が不明で
安全度確認出来ないため、通行禁止
銀竜草
鬼岩谷
頂上でも、谷と表記の不思議さ。
773mとあります。
宝満山まで、喬木の下を歩く
砥石山記念
828m
眺望なし
前砥石山805m
三郡山935.7m
気温14度
陽射しが出てきましたが、膚寒し
三郡からの宝満山
がんばらんといかん
その途中の仏頂山869m
ようやく14:03に宝満に到着
石段を下ります。
石段の終点の一の鳥居
ほっとします。
歩きの終点、竈門神社
ここから、バスで、大宰府駅
お土産に、梅が枝餅。
前のページへ戻る