久留米山の会

2020.10.18 平戸 佐志岳・屏風山へ

久留米から車で3時間、平戸の佐志岳登山口に到着。
雲ひとつない青空のもと草原の見晴らしの良い斜面を登って行きます。
何度も振り返って、徐々に変わっていく高度感の眺望が楽しめます。
10時30分に石祠などのある佐志岳の頂上へ。
このまま下山して海鮮丼を食べるか、グルメを諦め隣の屏風山へ登るか多数決。
やはり、山好きメンバー、2座目を目指すことになりました。
早福トンネルの約100m手前で左側の旧道に入ると登山口。この旧道が車で通れないかもしれないとご夫婦に教えてもらい歩くことに。
佐志岳と全く違い眺望はなく、林の中の急登を登ると石段や鳥居が現れ信仰の山だと分かります。
山頂には一等三角点があり、戦時中の防空監視哨の遺構が残されていました。
佐志岳だけではなく、予定外の屏風山も登ることが出来て大満足!
お土産を買って無事6時に久留米に帰り着きました。

お墓の横に駐車させていただきました。ありがとうございました。
登山口
見晴らしの良い草原を登っていきます
以前は牧場だったので、牛さんの水の飲み場がありました
青空の下頂上に向かって登ります
ススキの向こうに志々岐山
遠くに生月島大橋
佐志岳頂上 屏風山が見えます
屏風山へ これ以上は、車で登れないかも?と教えて頂きトンネルの前で駐車
分岐
ここから左折して登山道へ
信仰の山としての石段の参道
石の鳥居が現れます
眺望が開けました
右側にテレビ中継塔を見て、ほどなく屏風岳の頂上に到着
遺構の防空監視哨の上に上がると、南半分の大展望が望めます
屋根にマークが?
リーダーから方位だよと教えてもらい、コンパスをあててみると北を指していました。
立派な1等三角点(屏風岳:394.4m)
登山口や三角点など色々教えて頂き、ありがとうございました。
チョウセンギク?
ナンバンキセル
山ツツジ
ヤマジノキク
前のページへ戻る