久留米山の会

2020.10.4 山の恵みがいっぱい!花牟礼山へ

九重山群の東北側に位置する山。山名の由来は、花牟礼の「花」は大地で、「牟礼」は山を意味するそうです。
林道終点から花牟礼山の南斜面をジグザグに登る作業道へ、傾斜が緩くて歩きやすい登山道は山肌を巻くように登って行きます。
しばらくして急な登りに高度を稼ぐと展望所と呼ばれる草原にたどり着き、目の前には三俣から久住、平治、大船と九重連山が見渡せました。
ここからは明るい稜線を緩やかに山頂へ。山頂手前の登山道に三角点が置かれています。
たくさんの山の恵み、栗やアケビ、可愛いお花に子どものようにはしゃいで楽しい一日を過ごしました。

シイタケを栽培する林の脇に花牟礼山登山口の標柱が建っています
分岐 左へ
アケビが鈴なり
山の恵みを美味しく頂きました
栗拾い
林道終点から山道へ
分岐
明るい広葉樹林を進みます
急登が続きます
展望が開け九重連山が一望
九重連山
山頂
アキノキリンソウ
アケビ甘くて美味しかった
ウメバチソウ
センブリ
ツルニンジン
ヤマラッキョ
大人500円 まきばの温泉館 源泉かけ流し
前のページへ戻る