RKAC山の会

2020年10月3日(土)大峰山系:山上ヶ岳

紀伊半島を南北に貫く大峰山脈。縦走路は役小角が開山した修験道として千三百年の歴史を持つ山岳古道だ。
関西と言えばやっぱり大峰だろう!と思い、さっそく大峰山脈の「山と高原地図」を買ってみた。
山の高さといい、スケールといい、九州の脊梁山脈を思い出す。カタカナの沢の名前が沢山書かれているのも似ている。
今回は山上ヶ岳に登ってみた。

7:50 大橋茶屋 - 8:30 一本松茶屋 - 9:20 洞辻茶屋 -
10:00 鐘掛岩 - 10:15 宿坊 - 10:25 山上ヶ岳山頂 10:45 -
11:40 洞辻茶屋 - 12:10 今宿跡 - 12:40 五番関 -
12:50 五番関トンネル登山口 13:25 毛又大橋 - 13:40 大橋茶屋
(行動時間:5時間50分) J.T

 
   

大峯大橋駐車場
登山届けを提出
一般の登山道だからと言って、山を甘く見ない。
山上ヶ岳は今なお女人禁制
洞辻茶屋
ここにもコロナの影響が( ;∀;)
鐘掛岩
方位盤です。
北は大阪、神戸
西は高野山
南西は熊野、和歌山
南南東は大台ケ原
南は伊勢
立派な宿坊
山頂から見た熊野方面の山々
なかなか天気に恵まれないなぁ
下りは洞辻茶屋から小天井ヶ岳方面に縦走路を歩いてみた。
東の方は伊勢かな?
五番関トンネル登山口に下山。
毛又谷の車道を30分くらい歩き、駐車場裏の川瀬谷に出る。
左から鐘掛岩、西ノ覗岩、山上ヶ岳
いつか山中泊の縦走もしてみたい
吉野の道の駅で、ぼたん汁
前のページへ戻る