久留米山の会

2019.7.22 アヤメ平から鳩待峠

龍宮小屋から尾瀬ケ原を少し進んで、左折し、長沢新道へと向かう。
ブナの原生林が茂る、石ゴロゴロの結構急な登りが続く。
喘ぎながら登ると、富士見平へ着く。湿原が広がり、時折、ガスの間から燧ヶ岳が見える。
右折してアヤメ平へ向かう。
広々とした草原の中を木道が真っ直ぐ伸び、360度のパノラマが広がる天空の散歩道だが、今日はガスがかかり、残念ながら何も見えない。
中原山に登り、横田代へとくると、また湿原が広がる。
鳥の声を聞きながら、急な下り、急階段、木の根など足場の悪い道をズンズン下ると、鳩待峠に着く。
今夜の宿は、戸倉温泉。
ゆっくり汗を流そう。
アヤメ平にて

龍宮小屋より出発
左折して長沢新道へ
手強い急登が続く
富士見田代へ上がる
遠くに燧ケ岳
ガスがかかる
種になったチンクルマ
中原山
チッヨト休憩
湿原の散歩道
鳩待峠に降りてくる
鳩待峠
天気が良ければ
前のページへ戻る