RKAC山の会

2019年(令和元年)7月28日(日)梅雨明けの暑さにめげず龍王山へ

令和元年(2019年)7月28日(日)晴れ

雨のシーズンのため、会山行もしばしば中止になって山に行けない日もありましたが、梅雨明けの猛暑の中Iリーダーに導かれて飯塚市八木山の龍王山(615m)の周回コースを会員6名で歩きました。
時間に余裕があったので、帰りに池の中に林立する落羽松(ラクウショウ)で最近観光地化している「九大の森」(篠栗町)を散策しました。
左の写真は龍王山山頂でのワンショットです。
             
            By 八恥

飯塚市八木山の「千人塚」駐車場に車を置いてスタートです。
「千人塚」は、戦国時代の秋月氏と大友勢の合戦(八木山石坂の戦い)で戦死した千名余を埋葬したところだそうです。
30分余り強い日差しを浴びながら車道を歩き登山口の「八木山畜産センター」に到着。牛舎の横を通っていよいよ山道に入ります。数百頭?の牛が飼われているようですが風向きのせいか牛舎独特の臭気はあまり感じられませんでした。
山道は急傾斜部分もありますが、整備されていて比較的に登り易く、尾根筋で時折そよ吹く微風が心地よくて癒されました。
スタートしてから1時間半ほどで山頂に到着。ご覧のとおり山頂は広々としており一部樹木で見にくいところもありましたが展望に恵まれていて周囲の山々を眺めることができました。
山頂には詳細な展望案内図が設置されていました。南東に馬見山や古処山、南に三郡山、南西には井原山や雷山などが見えるそうですが、詳細すぎてかえって分かりにくく感じました。
山頂の一角にある樹木に直径10cmほどの実がなっていました。かじってみると甘味はなくその食感から野生の梨?と思われます。
山頂での休憩の後、龍王神社まで足を伸ばしました。地理院地図にも明記されているので相応の社を想像していましたが、そこには小さな石祠と石碑、由来の説明板があっただけでした。ここで昼食をとり、皆でハイチーズ。
下山途中で見つけた謎の物体?白と赤の日の丸カラーに興味をそそられます。Iさんが「タマゴタケ」と明言。ネットで調べたらタマゴタケの幼菌で成長したら傘が開くそうです。色がどぎついですが立派な食用とありました。
「篠栗九大の森案内図」です。南口駐車場から左回りで2km余りを1周しました。池の中に生える「ラクウショウ」が神秘的ということで、最近はツアーのバスが寄るそうです。
散策の途中でまたまた見つけたきのこです。全体が白色で柄の先に一見ゴルフボールのような球状のものが載っています。ネットで調べたら、おそらく「タマシロオニタケ」でしょう。猛毒のきのこだそうです。
最近人気の「ラクウショウ」の林です。「水辺の森」というエリアにあり、これが水に浸かっていたら神秘的に見えるのでしょう。残念ながら水は引いていましたが樹の根元は変わった形をしています。
しっかり汗をかいた1日の締めに「オアシス篠栗」に寄りました。公共の施設のため町外者も一律230円の入浴料でたいへんお得でした。
前のページへ戻る