RKAC山の会

2019年(令和元年)6月2日(日)女天ヶ岳・男天ヶ岳<糸島市>

令和元年(2019年)6月2日(日)曇り

会の低山プロジェクトによる山行で、糸島市に所在する女天ヶ岳(261m)と男天ヶ岳(251m)に登りました。15名の参加で車3台に分乗して行きましたが久しぶりの盛況でした。
事前の天気予報では午後から降雨となっていましたが、下山するまで雨には合わず楽しい1日となりました。(写真は男天ヶ岳山頂での記念写真です。)           By 八恥

登山口近くにある善応寺の山門前の広場に駐車して出発です。
山道は比較的に整備されており、歩きやすい感じです。
暫く進むと小さな社があり、横には不動明王像が我々を監視していました。
女天ヶ岳と男天ヶ岳の分岐です。まずは女天ヶ岳の方に右折します。標識には”大変な急登”と手書きで書き添えてありました。
急登になる前には、広く平らな尾根道が続きます。落ち葉で敷き詰められ、心地良い空間です。
急登が始まりました。結構な傾斜が
あり、雨が降って泥道ともなれば滑落しかねないところです。
やっと山頂に到達しました。2班に分かれての行動でしたので、ここは後続班のみの記念写真です。
帰路の急登下りです。トラロープが整備されているところもあり、なんとか無事に下りることができました。
駐車させてもらったお寺の山門です。前にある石柱には「紫雲山 善応寺」と彫ってありました。
※「応」は旧字体で書かれていました。
前のページへ戻る