久留米山の会

2019.4.28 アケボノツツジに会いたくて石堂山(1547m)

米良三山である石堂山へアケボノツツジに会いに行った。
山開きのためにたくさん案内板や林道もきれいに整備され、地元の方々に感謝感謝。
6合目登山口から登り西側の展望が開けると市房山から二ツ岩への鋸尾根がきれいに見えた。
1合目ごとに励ましの言葉が書かれたプレートがあり、分かりやすいし励まされる。登山道が広範囲に崩落したようで、一歩間違えて足を滑らすと止まらずどこまでも滑落する危険があるので慎重に慎重に進む。何度も何度もあれが山頂?と「だまし尾根」がはじまり、岩場をクリアする。
アケボノつつじが咲き誇る尾根を進むと山頂への最後の登りが見えてきた。山頂は細長い広場があり昼食をとる。やせ尾根・岩場・急坂など下りも気が抜けない山であった。


6合目から急で岩や木の根っ子を掴みながら登る
市房山がきれいに見える
気持ちの良い尾根歩き
7合目
ミツバツツジ
登りが続く
急斜面にクサリ、慎重に進む
林道出会いで一休み
崩壊場所を避けて登る
景色は抜群!
アップダウンの始まり
8合目
馬酔木(あせび)
アケボノツツジ
9合目
貫禄のアケボノツツジ
まだまだピークが続く
山頂へ最後の登り
あと5分
前のページへ戻る