RKAC山の会

H31/1/13,14 天草オルレ〜苓北コース・松島コース

平成31年1月13日(日)と14日(月)に会員の皆さん総勢14名で天草オルレ(13日苓北コース、14日松島コース)を踏破しました。
天気も良く、暖かい日差しを浴びながらの楽しいウオーキングでした。

写真は松島コースの低山ながら岩峰鋭い千元森嶽
(233m)です。逆コースグループ全員で攀じ登りました。
                By 八恥

歩いている途中、椿の花をよく見かけました。
天草の温暖な気候が色々な花を育むのでしょうか。
まだ年が明けたばかりなのに、早くも菜の花が咲いていました。
白木尾海岸では大小色とりどりの玉石が沢山打ち寄せられており、お気に入りを拾ってリュックに詰め込む方もいました。
街中には、林芙美子文学碑がありました。石には芙美子の俳句が刻まれていました。

 ”旅に寝てのびのびと見る枕かな”
富岡海域公園の白岩崎というところです。浸食された奇岩が見事でした。岩をバックに「はいチーズ」。
富岡港の背後にある丘の上には天草四郎の島原の乱ゆかりの富岡城がありました。平成17年に復元されたもので白壁もきれいなお城でした。
まだ明るいうちに宿泊先の民宿「大漁丸」に到着。今晩はRKACの貸し切りとのことでした。
夕食の様子です。
さすがに海の幸がずらりと並び、皆さん満足気です。
2日目の松島コースのハイライトは「千元森嶽」登山です。低山ながらロープやはしごがあり、岩登りの醍醐味が楽しめました。
千元森嶽の頂上の岩峰に立って証拠写真を撮りました。
残念ながら順コースグループは立ち寄らなかったそうです。
北の方に島原半島が見えて、雲仙岳の雄姿も確認できました。
両グループの集合場所は「龍の足湯」でした。足湯とうたってあるものの、湯音は低く、すぐに退散して帰途につきました。
前のページへ戻る