くるめ少年少女発明クラブ
                               

くるめ少年少女発明クラブ 第6回(設計図を作ろう)

「くるめ少年少女発明クラブの、昨年の作品の中から、福岡県児童生徒発明くふう展に6作品を出展していました。この秋に、その中の1つが奨励賞をいただきましたので、紹介しますね!!」
「工夫したところは?」(^^;)
「おじいちゃん、おばあちゃんがペットボトルの蓋を開けるのに苦労していたから。」
「固定式の台にボトルをセットし、蓋にかぶせるわっかを大きめに作りました。」(^o^)
「弱い力でも蓋が開くようになりました。」
おっ、すごいねー。パチパチ(^_^)v

「むつかしいけれど・・書いてみた」
「わたしのアイデアを、設計図にするとこんな感じになるんだ。」(^^)
「うまくいくのかなー」
「材料にはなにが必要かナー」
「イメージとしては・・・
こんな感じかナー・・・」
「うまく作ることが出来るのかナー?!」
「3月までに、あと4回・・」
「完成品が皆さんに見てもらえるといいのだけれど。」(^_^;)
「考えるとちゅうが大切ですよ。」
「作品が完成しなくてもいいのです。」
「考えて、作ってみて、うまくいかないけれど、またそこから考えてみるんですよ。」「あきらめないでね。」「こんな時間をすごしていくことが大切なんですよ。」(^_^)

前のページへ戻る
久留米市生涯学習情報提供サイト えーるネット