久留米山の会

11月12日(月) 鬼神伝説の山

 津江山地を代表する山のひとつで、昔、悪さをする鬼がたくさん住んでいたと伝えられている。カシノキズル越に車を停め、スズタケが生い茂る急な階段を登って小鈴山へ。

展望はない。小鈴越に一旦下り、酒?童子山へ登る。

青空に紅葉と、ルンルンと歩く。鎖のつい
た急斜面を登りきると、山頂だ。頂上からは、渡神岳や釈迦が岳、九重山群、由布岳、今日は、空気がすんでいるので、普賢岳もハッキリ見える。

下りは、小鈴越よりスーパー林道へおりて駐車場へ戻る。


登山口
最初は急な階段
スズタケの道を進む
青空に紅葉
カエデが染める
小鈴山
快適な山道
鎖のついた急斜面を登る
慎重に登る
渡神岳や釈迦が岳など見え絶景である
車道へ降りていく
まるで絵画のよう
前のページへ戻る