くるめ少年少女発明クラブ
                               

くるめ少年少女発明クラブ第6回(見学会)

 10月14日(土)福岡市の舞鶴小・中学校体育館にて、「世界一行きたい科学広場」が開催されました。
 私たちくるめ少年少女発明クラブ員は、指導員の皆さんとバスで作品の見学会と、実験講習会に参加しました。
 たーくさんの企業・大学・高等学校の実験ブースで、思い出をいっぱい作りました。
 おみやげもあって、あっという間の一日だったんですよ!また、いきたーい!!

「ついたー」
「ここ、学校ね?」
「きれいかねー。」
「くつをはきかえたら、ここに集合!!!はよー」
 「ちょいまって、えーとうわぐつ?あったー。」「ふくろはー」
「福岡県全域からの優秀作品だ!」
「さわっていいのかなー?」
「作品にはお手をふれないように」と書いてある!
「動かしてみたいナー」(^^)
「これスゲー・・見てん」
「こっちもすごいよ。」(^o^)
「先輩達のは?どこだー」
「自分もこんなの作ってみたいなー・・・・」
「パクリはいかんちゃない!」
「そやんねー ふむふむ・・・」
「電子顕微鏡なんだって!」
「機械の中は、真空なんだよ。」
「中を開けるから、ちょいまち。」
「PM2.5を見せてあげるね。」
「プシュッ!」「このサイズが・・」「これ髪の毛」
「こうやって吐く息をプラカップにいれるよー。」(滝川先生)
「中に入れていた、ジグザグの細い紙は、どうなってるかなー?」
「これが実はアイロン掛けの原理なんだ、しわが伸びるんだよ。」
「ヘアキャップをかぶってみて」
「ひふ、頭の表面からも水が蒸発している事を確かめるよ!」
「では、ヘアキャップをとってみて、どんな感じですか?」
「あっ、ヒヤーっとしました。」
「なぜだか考えて。」「ウーン?」(^o^)
「さあ、空気の力をたしかめていくよー。」
「このポンプ、ひくとほらどうなってる?」
「吸い付いたー。」
「じゃ、容器の中は・・」??
「このバットの中に何かいるよ?!」「ピンセットでさがしてね。」
「ほんと?どれどれ?」
「チリモン見つかったかな。」
「みつけたら、袋あげるよ。」
「あっ!ペッパーだ。」
「何して遊ぶ?」
「野球、それともクイズ?」
「クイズにちょうせん!」
「やったー、全問正解。4人の力って合わせるとスゴーイね!」(^o^)

前のページへ戻る
久留米市生涯学習情報提供サイト えーるネット