RKAC山の会

鳳凰三山 9月1日〜4日

夜叉人峠から入って、薬師岳・観音岳・地蔵岳と歩を進めました。尾根筋で見れるのは、白っぽい岩と、白い砂地。三山の手前の砂払岳から見る薬師岳も緑の向こうに白い岩山。青い空とのコントラストが非常にいい。

夜叉神峠下の登山口。「クマに注意」の物騒な看板も立っています。
杖立峠の道標の前で休憩。
タカネビランジは岩の根元付近に生え、薄いピンクの花を咲かせます。南アルプス固有の種で、今が盛りです。
原生林の中を進むメンバー。まだ景色が望めないので、山野草やキノコを見つけるのが楽しみです。
木の枝にぶら下がるサルオガセ。霧の多く発生する所に見られるものです。
樹林帯が切れる辺りで振り返ると、富士山が雲の上に頭を覗かせていました。
可愛いベニテングタケが2個。
しかし、毒のあるキノコです。
南アルプス固有のシラヒゲソウ。ウメバチソウの仲間ですが、星型の花が特徴。
三山をほぼ登り終えて、誇らしげな笑顔の七人です。
前のページへ戻る