みどる山の会

飯豊山 2017年7月18日〜21日

三泊四日で、日本百名山の飯豊山に行って来ました。
初日は、上杉神社を観光。“成せばなる成さねばならぬ何事も…”と言う格言が、今回の登山の合言葉になりました。終わってみればその通りの登山だったと思います。
二日目早朝より、大日杉小屋登山口から、飯豊本山小屋を目指して出発しました。高低差約1500m、距離11kmと長丁場の登山。事故や体調不良の無い様、ゆっくり安全第一で登って行きます。途中、岩場・鎖場が数ヶ所、雪渓も4ヵ所あり、トラバースやアイゼン装着で登る等、緊張感のある登山でした。しかし高度が上がるにつれ、高山植物のお花が現れ私達を癒してくれました。
三日目は、本山小屋から飯豊山(2105m)〜大日岳(2128m)へのピストン縦走。縦走路は天空のお花畑が広がり、様々なお花を楽しみながらゆっくりと歩きました。晴天で陽射しはありますが、雪渓からの天然のクーラーの様な風が心地よく、いつまでも歩けそうな素晴らしい山行でした。
そして四日目、お世話になった山小屋のご夫婦に感謝して、また長い行程を下山しました。
飯豊山は、九州では経験出来ない大きな山でした。この山行を計画してくれたCLさん、メンバー全員を安全第一で連れて行ってくださったガイドさんに感謝致します。

ざんげ坂の鎖場です。
飯豊連峰が見えてきました。今年は雪渓が多いそうです。
高山植物のお花が現れました。ニッコウキスゲのお花畑です。次々と色々なお花が見られます。
4ヵ所の雪渓を渡ります。ここは登りなのでアイゼン装着です。
飯豊本山小屋迄、あと少し。
歩いてきた道を振り返る。
本山小屋です。ここに二泊お世話になりました。小屋番さんははとっても明るいご夫婦でした。
蔵王連峰から上がる朝日。山行中、お天気に恵まれました。
飯豊本山山頂、2105m
これから、大日岳迄、高山植物のお花畑が続きます。
大日岳へ向かいます。
飯豊リンドウです。
大日岳山頂。
大日岳へのピストン縦走を終えて、乾杯!山小屋のビールは500ml千円でした。
本山山頂隣の飯豊神社にお参りして、いよいよ下山です。
お世話になった山小屋を後にします。
飯豊の山々にさよならです。
前のページへ戻る