久留米山の会

6月18日(日) オルレ別府

今回は、九州オルレの別府コースを歩くことにした。
 標高600mに位置する志高湖畔を、スタート、フィニッシュ地点とする11kmの周遊コースである。新緑の清々しい道から出発する。

自然を楽しみながら、ゆっくり歩こう。木々の間から降り注ぐ光、小鳥のさえずりに耳をすませ、自然の恵み、野イチゴ、木イチゴをほおばり進む。桜の並木、メタセコイアの並木、クヌギ、竹林と森は変わる。

展望台では、由布岳、鶴見岳が見える。道はフカフカで歩き安い。曲がり杉、合棚のお地蔵様、愛宕神社の大杉、見どころ色々。

最後は神楽女湖の1万5千株の菖蒲が迎えてくれる。丁度見ごろで、周囲の自然とが調和してつくられたロケーションは必見である。木々の葉の間から、空を映す透け感、いつもと違う目線でいつも以上の美しさに出会えたと思う。

志高湖より出発
メタセコイアの並木
曲がり杉
合棚のお地蔵様
由布渓谷の源流
イノシシよけの防護柵を通る
ふくろう岩
竹林を進む
愛宕神社の大杉
由布岳鶴見岳薄っすら
本当はこんなに綺麗
神楽女湖
ゴールの志高湖にでる
ホタルブクロ
前のページへ戻る