みどる山の会

レスキュー教室 2017年6月4日

6月4日、高良山にてレスキュー教室を行いました。
昼食を挟み、みっちり4時間ほど色々なことを学び、みんなで実践しました。

学びの内容は、ザイルの張り方、骨折怪我等の応急処置の方法、虫対策、水事故のレスキューなど多くのことを、経験豊富な先輩や、専門知識のある会友さんから教えてもらいました。

もちろん、こういう技術は活用せずに済むことが一番なのですが、山の中では何が起こるかわかりません。救急車をすぐに呼ぶこともできませんので、誰もが訓練し救急事態に備えることが大切だと思いました。

年2回のレスキュー教室を大切にして、教えて頂いた技術を忘れないようにしなければと思います。

骨折時の必需品。専門家の会友さんが教えてくれました。
カラビナとマスト結び
みんなで何度も練習します。
真剣な表情です。
前のページへ戻る