みどる山の会

冬山アイゼン山行 2017年2月5日

今日は、九重の天狗ケ城登山で、アイゼン山行の予定でした。雪山を楽しみにしていたのですが、生憎の悪天候となり、雨、風、ガスの中でも安全に登山するには、何が必要かを学びました。山でのお天気は、急変したり、予測が難しかったりするので、こんな登山も良い経験になりました。

みどる山の会では、各委員会が色々な活動を行っています。アイゼン山行は、教育安全委員会の担当です。他に、新入会者の募集やお世話、三点支持、地図読み山行、各種安全登山の為に必要な研修会を担当しています。会の中での教育が充実しているので、初心者でも安心して登山を楽しむことが出来ます。

只今、春季新入会員募集中です!
3月3日(金)19:00〜20:00
えーるピアにて、説明会を行います。
お待ちしています。

牧の戸登山口。天気予報では、回復する予定でしたが…
最初の展望所。ガスで展望は絶望的。
沓掛山の岩場。前後で声かけしながら、慎重に進みます。
悪路を滑らない様に、歩きます。登山道は、ぬかるんでいる所あり、凍っている所あり。いつもの気持ちのいい縦走路ではありません。
後少しで、最初の避難小屋です。リーダーは進むか、引き返すか思案中の様子です。
避難小屋に到着。天候とメンバーの体力を考えて、昼食後引き返す事となりました。撤退の決断も大切です。
こんな天候でも、沢山の登山者が次々と避難小屋に入って来られます。昼食を取ったら次の方に場所を譲り、早々に出発しました。帰り道も天候回復せず、天気予報通りにはいきませんでした。
帰りに温泉に寄って、冷えた身体を暖めました。
大変な登山でしたが、それもまた良い経験で、メンバーとの絆も深まりました。
前のページへ戻る