みどる山の会

2016年10月8日(土)10月9日(日)九州百名山3座 制覇 2日で4ケ所の山、縦走しました

久留米から出発して登山口までは、3時間30分の道のりになります。
一日目は、五ヶ瀬スキー場から小川岳に行きピストンで、スキー場まで戻ってきた足で、
帰ってきたスキー場(登山口)の反対の方向に15分だけ登れば登頂できる向坂山も1日目に完了しました。

2日目は、白岩山登山から始まり、霧立越えを進み扇山まで、縦走です。
この少し長い縦走は、昔むかし熊本県の馬見原(まみはら)から宮崎県の椎葉まで馬の背で物資を運んだ「駄賃付け」の歴史ある道だそうです。

●200回山行おめでとうございます。
登り下りが数ヶ所あり2時間弱で、到着した1日目の小川岳です。





地図読み学習中です。地図とコンパスで、みんな、真剣です。
さあ 出発です。芝生の上を下山から始まる。登山です。
楽かなぁ・・・
食べれないきのこです。
きつねのちゃぶくろというキノコです。
各々、休憩中、地図確認です。
やっと、もうすぐ登山口のスキー場ですが、結構長い登り道で、ここを朝下って来たので、登ることになり これが、大変でした。
2日目 昨夜から降りはじめた雨は、登山始めはやみません。
長い縦走を歩きです。あまりにも滑らかな道で、風の音が駒歌に聞こえてきます。
やっと、雨があがりましたが
ここは、やはり霧が立ち込めることで、名前がついた霧立越えです。
扇山、登頂 長い長いゆるっとした縦走でした。思い思いにあっという間の休息を・・
扇山から内の八重下山口までは、2ケ所、ロープを張って頂くほどの急坂な登山道でした。スリルを楽しみながらの下山です。《ほっ・・》

お世話になった。白岩荘です。
白岩荘の夕食です。美味しかったですよ。
乾杯で、もりあっがりました。
白岩荘から用意していただいた昼食です。朝食もおいしかったですよ。
前のページへ戻る