久留米山の会

活動報告:3月20日(日) 金敷城山

佐賀の大和にある金敷城山に登りました。巨石パーク入口に駐車し車道を20分ほど登ると、登山口に着く。ここから、16の巨石を廻りながら頂上をめざす。
急な階段が続く。喘ぎながら登ると、1番目の神頭石がでてくる。それぞれの石の前にプレートがあり、その石の名前のいわれなど、詳しく説明してある。
こんな急な山腹に、どうしてあんな大きな石がたくさんあるか、不思議でならない。
16番目の蛙石をすぎて、屋根歩きになり山頂に着く。展望はない。快適な屋根道をゆっくり下ると、17番目のたもと石と乙文殊院上宮に着く。
下宮まで降り、車道へでる。車道を巨石パーク入口までもどる。
次に車で移動 し、日ノ隈山へ登る。桜がチラホラ咲きだしている。公園は家族ずれで賑わっていた。

巨石パーク入口
車道を進む
登山口
急階段が続く
1番目の神頭石
岩の下を通過
烏帽子岩
御座岩
天の岩門
乙文殊院
日の隈へ向かう
桜がチラホラ
快適な登山道
日の隈山頂
こぶし
前のページへ戻る