久留米山の会

活動報告:3月13日(日) 前岳・多良岳・黒木岳

多良山系は、佐賀県と長崎県の県境にあり、多良岳は古くから信仰の山として親しまれている。ツクシシャクナゲ、オオキツネノカミソリの群落がある。

今回は、サザンカ高原を通って前岳登山口より登り始める。急登の連続、岩場を通るとマンサクが満開です。馬の背の岩をよじ登ったり、下ったり、スリル満点。前岳につき、また岩場を登ると、多良岳山頂に着く。

帰りは六地蔵を通って黒木岳へ登り、ぐるっと回って元の前岳登山口へ戻ってきた。

前岳登山口
急登の連続
ヤブ椿
オオキツネノ カミソリの群落
奇岩
前岳
岩場を下る
マンサク
マンサクの花弁
多良岳頂上手前の急坂
分岐へと下る
黒木岳
西日本新聞のポシェットに久留米山の会が紹介されました。
岩場の下りもあり、楽しい山行でした。
前のページへ戻る