久留米山の会

活動報告:6月28日(日) 湧蓋山

八丁原登山口〜一目山〜みそこぶし山〜女岳〜湧蓋山

縦走です。久留米出発時は曇っていたのですが、次第に天気が良くなり頂上からの景色も良く心地よい山歩きができました。

山頂は広々として他の登山者もゆっくりと食事をしていました。

帰りに露天風呂で疲れを癒し、7時に久留米へ無事着きました。

八丁原登山口
準備体操をして出発です。
一目山の山頂はガスで見えません。
イブキトラノオが沢山さいていました。
一目山 山頂 晴れてきました。
みそこぶし山へ向かいます。
牧柵ゲートを抜け植林帯に入ります。
九重連山
みそこぶし山 山頂
女岳・湧蓋山が近づきました。
湧蓋越え
涼しい植林帯の中へ
女岳に着きました。 
深呼吸して休憩。
馬の背を通り、湧蓋山へ向かいます。
最後の急坂のひと頑張り!!
広い山頂で、雄大な景色を見ながらゆっくりと昼食。
山の半分だけ雲がかかってこれ以上進みません。
気流の関係だと思いますが…
帰りは撒き道を下山です。
ユウスゲが一輪
シモツケ
クララ、これが意外に日本語。
根汁をなめると苦くてくらくらするところから、眩草(くららぐさ)と呼ばれ、それがなまってクララになったそうです。
シライトソウ
前のページへ戻る