アドベンチャーキャンプ実行委員会
                               

やるキッズ2012冬活動報告〜本チャレンジ研修1日目【2】〜


こちらは、ビリビリ高圧交流3万ボルトの電流が流れる(?)ネットを、力を合わせてくぐります。
誰が先に行くのか、どの穴を通るのか、やりかたは何万通りもあります。
しゃがんで、肩をかして…みんなはみんなのために!
と思ったら、山からソロリソロリと降りてくるグループが…
バクダンを落とさないよう、慎重に慎重に歩いていきます♪
こっちではターザン遊び?いえいえ、狭い「島」にひもを使って全員が渡る、これも難易度が高いチャレンジです。
渡ったあとは、みんなでキャッチ!
無事に着地!
ほっそーいワイヤーロープ。これを渡っていくだなんて、サーカスじゃん!
いえいえ、力を合わせれば、できないことはないです。
全員で連なれば、ほーらできた!
ただチャレンジ⇒成功を繰り返すのではなく、ひとつひとつについて、ふりかえっていきます。2班はリラックスした体制で。
4班は、大きな模造紙を使ってのふりかえり。
2班。他の団体が来ても気付かない、この集中力を見よ!
1班は、ロビーのテーブル。成功も失敗も、次につながるサイクルにしていきます。
部屋に戻ってチャレンジしているのは、パイプライン。
ころころ転がるボールを落とさないのはおちろん、相手がキャッチしやすいようにつなぐ気持ちもたいせつです。
バケツにゴール!
【夕ご飯】1班モリモリの図。体を動かした後のご飯は、どんなセレブ飯よりもうまいのである!
【チャレンジ研修2】自然の家には謎の人影がいる…とのウワサを聞きつけたキッズたちは、その真意を確かめるべく、施設内に調査へ向かったのであった!
調査隊2のみなさん。
調査隊4のみなさん。
調査隊1のみなさん。
調査隊3…夜も元気やな〜!
み、みつかってしまった!施設内でこっそりマシマロを食べていたのは、近所の研究所につとめるマシマロ博士とアフロ助手の2人でした。ごめんなさい、もうしません…。
無事に人影を見つけた後は、班活動の時間。あれれ、4班のリーダーは…?キッズだけでも、自分たちのやり方でふりかえりできているようですね。
3班は小さな輪になって…。
1班、チームプレイでの しりとりに白熱中!
2班は、昼の続きの模造紙に向き合ってます。
お風呂、歯みがきを終われば1日目が終了。はやく寝るんだよぉ〜!

前のページへ戻る
久留米市生涯学習情報提供サイト えーるネット