久留米山の会

2021.11.07英彦山

日本晴れ、紅葉で山が燃える日の山行き
早起きは三文の得、予定より、早めに久留米を出発したおかげで、神宮別所駐車場に運よく確保出来ました。数分後には満杯状態です。八時丁度に北岳への登山口の在る豊前坊駐車場へ九州自然歩道を歩く。途中スキー場跡の朝日に輝くすすきの穂にであう。
登山口から頂上までは、距離は短いけど登山道は鎖場あり、急な階段ありで、汗多くあえぎます。北岳から中岳へ。奥の院は倒壊の恐れありで、立ち入り禁止。参拝が出来ません。多くの登山客で頂上広場は混雑。
頂上付近の紅葉は盛りを過ぎていましたが、下るほどに赤に黄色にと紅葉が美しく、疲れた体を癒してくれます。

神宮付近の紅葉が見ごろと報道されているえいきょうでしょう紅葉狩りの車で、駐車場入り口は長い列の順番待ち状態です。

午後すぐの時間に帰途に就いたので、渋滞に
巻き込まれず順調に予定通りの無事帰着

8:00丁度に別府駐車場到着
数台の余裕があり、場所確保
今回の登山口がある豊前坊駐車場への経路を九州自然歩道の案内板にて
確認
スキー場跡のすすきの穂、朝日に輝いています
駐車場への中間点に在る青年の家の
敷地の紅葉
高住神社境内に登山口看板
登山道に入ると、すぐに石段。
水害にて荒れているようで、足場が悪い状態が続く
紅葉も進んでいるので、多彩な落葉の色を踏みしめながらーー
標高1000mの位置で一休み、
登り始めるとーー
鎖場が待ち受けています。
急斜面には木階段も設けられている
登りつめた尾根かとおいきや
進むとまだまだ、急坂が待ち受けています
ようやく
北岳山頂1192m
更に進む、中岳の奥の院建物が見え
その奥に南岳
中岳への途中の紅葉、僅かに残って
いました
遥か彼方に、トンガリの由布岳、
右側に連なる久住の山なみ。
霞んでいるのは残念
中岳、奥の院は崩壊の危険ありで、
立ち入り禁止の表示。
お参りが出来ません。
数年後立て替えられるようで、新たな姿見たいものです。
山頂1188m、10:50
下り始めます。
経路は、正面参道を使います。
前方には、宝満山、そして、かすかにわがふるさとの耳納連山を見える
赤い紅葉、黄色と織り成す紅葉が美しい。
奉幣殿まで下りました
参拝客の列
さらに別府駐車場へ階段を下る
まだまだ、緑のもみじも残っています。
前のページへ戻る