RKAC山の会

2019年(令和元年)9月15日(日) 久しぶりの福智山へ

令和元年(2019年)9月15日(日) 晴れ時々曇り

北九州市と直方市の境に位置する福智山(901m)への久しぶりの山行でした。
白糸の滝からのコースや鱒淵ダムからのコースは過去に経験していましたが、福智山ダムからは初めてでした。
暑さの中休憩時間を含んで約5時間半の山歩きは、加齢による身体の劣化を感じさせ、日頃の怠慢(トレーニング?)を反省せざるを得ませんでした。
写真は山頂標識を囲んで参加者12名の記念写真です。

            By 八恥

スタート地点の福智山ダム駐車場に設置されている案内図です。
天気も良く、道路脇を含め既に10数台の車が駐車していました。
往路は大塔の滝の傍を通る大塔コースを取りました。沢沿いのコースのため写真のような徒渉が5か所ほどありました。
途中、山道沿いに「ホトトギス」の花を見かけました。同行のKさんが教えてくれました。かわいいですね。
1時間ちょっとで「大塔の滝」に到着しました。SLのSさんから下見にきたときは雨が降った後のせいか、随分水量があったと聞きました。
山頂近くにある「荒宿荘」という山小屋です。バイオトイレも併設されていますが立ち寄りませんでした。
3時間ほどかけてようやく山頂到着です。同行の皆さんで記念写真を撮り、ここで昼食タイムとなりました。
写真は山頂から西方向を臨んだものです。山頂直下の小ピークと先には直方市が見えました。
山頂から北方向を見るとテレビ塔が林立する皿倉山(北九州市東区)が臨めました。皿倉山へと続く縦走路もあるようです。
帰路の分岐点「上野越」に設置された立派な標識です。九州自然歩道にもなっていて登山者も多く、いろいろと手が入っているようです。
下山後のお楽しみは温泉です。近くの「直方いこいの村 やすらぎの湯(500円)」に寄って疲れを癒しました。
前のページへ戻る