安武校区まちづくり振興会(安武校区コミュニティセンター)
安武校区コミュニティセンター

 安武校区コミュニティセンターは、平成16年3月27日に安武校区公民館として新築され、平成20年4月25日から安武校区コミュニティセンターへと名称が変わりました。

 久留米市と城島・大川を結ぶ47号線の近くで、安武小学校の南西約100メートルに位置します。安武校区のほぼ中央にあり、鉄筋コンクリート平屋の建物です。


 安武校区コミュニティセンターの特徴

‖斥杆発電をとりいれている。
多目的ホールの天井の高さが5.5メートルと高く、空間が広々としている。
B震榲ホールのステージが可動式で、使用しない時は壁面に収納でき、スペースを広く使える。
ぢ震榲ホールの壁面のうち2面が仕切り板になっていて、多くの人が利用する時は仕切り板を移動して、通路とロビーまで広く使うことができる。